読書の秋だからかハイペースで本読んじゃってます。たまに本とか読まない人に会いますが心底

頭の中は大丈夫かな?

って心配になります。だって普段から文章読まないと馬鹿な事しか頭に浮かんでこないですよね(笑)私はそうですけどみんなそうじゃないのか。この間、学生時代の友達が家を新築したので見に行ったんですけど全部部屋見せてもらったりしてお祝いしてきたんですが

大人向けの本が1冊もありませんでした。

文字通り1冊もなかったです。絵本はあったかな、子供用に。でもほんの数冊。子どもが読書嫌いで困ってるって悩んでましたけどそりゃそうだろう(笑)親が読まないんだから。本読みすぎてちょっと変になるのもあれですけど知的な娯楽としては最強ですよ。昔は小説ばっかり読んでましたが、最近は極力小説の割合を少し減らしてちゃんと勉強系の本も読むよう意識しています。

が、好きな作家の本は外せませんねえ。堂場さん。相変わらず面白かったです。学生運動にハマった人たちのその後みたいな話なんですが、学生運動無知ですが読ませてくれましたね。さすが。ちょっと勉強したくない時、仕事したくない時には小説って最適です。通勤電車でスマホでせっせとゲームとかラインとかしてる人見るともったいないなあってついつい思ってしまう。その時間を読書に変えたら絶対人生変わるのになって思う。いや人生は変わんないかwでも間違いなく生きる意欲みたいなものは変わると思う。そしたら死んだ顔して毎日通勤しなくてもいいのになあって余計なお世話ですけど。