馬鹿ブス貧乏という刺激的な言葉で始まるタイトルにまず釘付け笑 本屋で見かけましたが買いにくくてkindleで買っちゃいました。こういう目立たせるための下品なタイトルの本って嫌いなんですが内容はよかった。けっこう自分が考えてる女性観と被るところがたくさんあって嬉しかった。

学歴も学習歴も読書習慣もなく、街でナンパされるような美女じゃない女性は本当にこれからの世の中ますます厳しいということがよく分かる。だけど当の女性たちはそのことに気づかず未だに夫に養ってもらう前提で生きている。やっぱりこの落ちぶれていく日本でなんとか暮らしていくには女性がもっと納税して男性並みに働くしか道はないのですよ。女性の平均寿命が男性より長くて税金年金医療費をめちゃくちゃ圧迫してるんだから。しかも女性は介護や育児、家事を理由にフルで働いてない。

それらをどうにか外注してでも中年以上の女性がまともに働かないと。女性は怠け過ぎという面もある。家事なんかは特にそんな細かい事に囚われてないでさっさと納税しろ!みたいなことを令和の時代にやってるでしょ。みんな迷惑してるのに駅前で挨拶する選挙運動のボランティアとか。無駄に細かすぎる収納と掃除をインスタにアップして自己満に浸るとか。そんな事する時間あったらちょっとでも納税したら?住民税払ってからボランティアしたら?みたいな女性いっぱいいますからね。どうにかなんないのあれ。3号とかさ、2号の人間が代わりに税金負担してるんですから!配偶者控除とか今時不公平すぎてやってられないですよね。

とりあえず中年期から老年期のあたりは誰も書いてないようなことだから必読です。細かいところまでリアルで為になる。舌はがし👅のとこなんかは本当にありがたい情報。この本の中で舌から肛門までは繋がってるという話が一番興味深かった笑笑 でも実際に舌を正しい位置に置くと膣が引き上がる感覚があるんだよね。ユミコアやっててよかったわあ。身体が繋がって学んできたことが腑に落ちてますます面白くなってきました。自分が心身ともに変化していくのに面白いって感覚があると世界がどんどん広がって楽しいのです。アレクサにkindleを読み上げてもらうようにしてから読書量も増えて今年はたくさん読めそう^_^