ありすぎる脂肪をまず減らさないことには、正しいストレッチ、正しい呼吸すらできない。まずは健康的な生活を送ること。まともな食事、なるべく歩く、ちゃんと寝るみたいなこと。寝起きが悪いとか、腰が痛いとか、足が冷えるとか、そういうの感じてても生活に支障はあまりないもんだから自分はまあ健康な方だわって思ってるのかもしれないけど、確かに死なないほどには健康だけど、痩せる土台が整ってるか?と言うとNOな訳で、不健康なのです。健康にならないと体脂肪は減らない。逆じゃないんだよ?痩せて健康になるんじゃない。健康を取り戻したら、痩せる。
 特にもう食事だけでも変えられるなら劇的に変わる。でもみんなそれが嫌だから運動とかやるんだけど、結局運動じゃ痩せない。今のいわゆる普通の日本人の食卓って全然正しくない。加工食品も多いし、炭水化物寄り。野菜の質もスカスカの栄養で低くなってる。そんな中でお金かけて栄養たっぷりの食事摂れば、変わる。絶対変わる。メンタルも変わる。大体メンヘラとかネガとか拗れてる人はちゃんと食べてないよね。お菓子とか加工ものか、食事よく抜くとかね。疎かにしてるよね。

私の場合で言うと、まず寝起きに違いが出ました。朝のスッキリ感が違う。身体の凝りも違う。ポジティブ度合いも違う。めざましとかで今日も一日頑張りましょう!とか言われてもは〜?って感じだったのが笑、頑張ろ!ってなったもんね。心が健やかって人は基本的に素直なのよ。そしてそういう人たちは社会の上層に多い。いい人の割合が多いのが、上流階級、エリート。それがみんなわかってるから上を目指すって人多いと思う。人生で変な人に関わらなくていいように、子どもに勉強させて、せめていい学校行ってもらうっていう。割と正しい選択だと思う。学歴は別にしても、底辺の人々がいない場所を見つける。そうなると上に行くしかないんだよね。
 痩せるために最低限これだけしたらいいって何ですか?ってよく聞かれるけど、答えは一つじゃあり得ない。身体ってつながってるから、これやったから痩せるってことはない。ないけど、どれか最優先で、効率考えてあえて選ぶなら食事。どれだけ良い食事を定着できるか?習慣にできるかです。