よく何か新しいこと始める話になると、でもお金がないからなーっていうけどあれは嘘。みんな食うに困ってるわけじゃなし、なんだかんだお金持ってる。そこに振り分けるお金がないってことは、そこは自分にとって大事じゃないってことがわかるだけなのです。

ダイエットしたい→でもお金ない→本当は心の底から痩せたいと思ってない。つまりやりたくない、面倒くさいと思ってる。

ジムに入って運動したい→でもお金ない→本当は運動なんてしたくない。そのお金を振り分けるほど自分の人生にとって運動は重要じゃない。

おしゃれしたい→でもお金ない→本当はおしゃれなんてしなくても素のままの自分で充分イケてると思っている→おしゃれにお金かける女を中身のない馬鹿な女だと思っている。

お金がないのは言い訳です。こんな都合のいい言い訳はありません。危うく納得させられる。自分を肯定化する素晴らしい根拠に思えます。でもお金ないなりに使って頑張ると、しばらくして気づきます。あ、お金ないとか嘘ついてたな、お金なんていつも「ある」なんて思ったことないじゃんって。要はお金の使い方次第だということにやっと気づかされます。お金ないんじゃなくて、ただやる気がなかったんだ、人生変える勇気とか度胸とか決意が足りなかったんだと。それがお金に転化して、みんなお金のせいにする。だから人生はいつまでも好転しないんですね。