人から言われてちゃんとやり続けてる人って実はほとんどいない。自分なりにアレンジしてやり続けてる人がわずかにいるぐらい。ダイエットはじめてもいつのまにかまた失敗してるのは、盲目的にやってないから。ひとつもやり続けてないから。

例えばあなたが3年前から痩せたいなって考えていて、その頃からやってる痩せるためのなにかの習慣が続いているか?そもそも何かやってるか?「やらないこと」はだいたい続かないから意味がない。お菓子を食べないとか続いてないでしょう?その頃から習慣とか暮らし方が変わってなければ絶対痩せないよね。だって何ひとつ「変わってない」んだから。あなた自身が1つでも変わったなってことがないと人間って見た目も変われないんだよ。

結局、人間性って変わらないんです。根っこのところってなかなか変わらないんだなーて思うこといっぱいある。夫婦喧嘩して、この人のこういうところ、やめてって言ってるのに全然変わんないな!とかね。だから根っこは諦めなきゃいけないと思う。でも習慣的なものは変われる。ひとつ外側の部分は変われる。こんな人になりたいとか、丁寧に暮らしたいとか、最初はただの真似でもずっとやってるとそれがその人の一部になる。染み付いていくから側から見ても違和感がなくなって、人の見る目も変わる。元々そういう人なんだなっていう風に見えるようになる。もともとそういう人間です🧑みたいな顔になる。

自分で思う自分より、人が見る自分が真実だから。周りにどう見えるか?女優が綺麗なのは人から見られる自分をいつも意識して作ってるから。いい意味で作ってそれを維持する仕事だから。あなたがどんなにズボラな人間でも根っこがそれでそこは変わらなくても、きちんと暮らして周りからきちんとした人だと思われていれば、あなたはれっきとした「きちんとした人」なのです。それはあなたが作り上げた自分。きちんと見られるために習慣化した努力の結果なのです。

だから見えないところで地道にやり続けることって大事です。ちゃんと早起きして余裕をもって出勤して、心と身体の栄養をちゃんととって、、それを当たり前に毎日やってる人と、朝はギリギリに起きて適当に急いで食べて、ダッシュで出勤して、1つの余裕もなく1日が始まる人の差。顔に出る。佇まいに出る。年取るとすごい差になります。それが顔と体型に出るだけのことです。