ダイエットに疲れ果てたそこのアナタ。ようこそお花ギャラリーへ。ここは花を飾ることに目覚めたお花初心者がだいたい質素にときどき贅沢に飾ってきたお花の数々をシェアするページです。素人の精いっぱいの拙いアレンジを見れば花の一輪でも飾ってみようと思っていただければこれ幸い。甘いお菓子がひとつでも花に変わればその癒しパワーに驚くはず。食べ物とは遠い趣味を持つことがダイエット成功の秘訣でもあるのです。

5月といえば芍薬!シャクヤク!ピオニーという名前でも有名です。毎年GW頃になるとソワソワしていつ買いに行こうかと楽しみにしている花でもあります。芍薬のいいところは蕾から咲くまでを楽しめるところ!たまーに蕾のまま咲かないものもあったりするので選ぶのも真剣に。これかな?っていうものを買ってきて・・・

左の蕾は怪しいですね!蜜でかたく閉じられているので少し水に浸して開きやすくするわけです。ちょっと手間かかりますが、恥ずかしがり屋wの蕾なのでね。ちょっとモミモミしたら柔らかくなって開きやすくなります。誰ですか、いまちょっと膣キュンしたでしょwww

ああ、もうすぐかな?あとちょっとかな?今日は気温低かったからな~。明日の朝には咲いてるかな?みたいな状態。一日何回も見てる。。香りはまだほとんどなくて左の蕾も変化はない感じ?まだモミモミしてほぐしてあげて。

ああ!開いてる!!もうこれはあと少しですね!この状態がいいんだよねえ~なんというか慎ましい!!そうそうシャクヤクの花言葉は慎ましさですよ。あとは恥じらい!!うーーん、さすがの花言葉。。左側の蕾も咲きそうになってきてます。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花って言葉があるように、芍薬は女性そのものなんですよね。だってすごく官能的じゃないですか。蕾をモミモミして咲くまでじれったいぐらい待って花が開けば誰もが振り返るぐらい華麗で。でもその美しさも一瞬でパッと散ってしまうっていう。はい、女の若さと同じwwwまあ見た目だけじゃなくって謙虚さも美しさのうちだよってことなんでしょうが。いじらしさっていうか。

わあ!!こんなに派手に咲いてる!!朝起きてこの姿を見れると感動ものです。左側の蕾もいよいよ開きそうな感じ。こんなに心奪われる花はほかにありません。。。

と思ってるのも束の間、ああ!という間に大量の花びらと共に散って終わるという。ドラマがある花なんですよ。もうね、毎日がハラハラドキドキ。この季節だけの楽しみなのです。

 

 

今まであんまり自覚してなかったけど、チューリップ🌷がどうやらわたしは好きらしい。見ると買ってしまう。こんなフリルタイプの方がいまは人気あるようで邪道だなと思ってたけど、飾るとよき。

4月になってやっとお花見。ギリギリ満開が見れた。お花見の下で食べるごはんは最高。毎年恒例、死ぬまでやり続けたい。

3月末は毎年お花見に行く暇がないぐらい忙しい。だからせめて家の中は満開にしておく。

夫の誕生日のためにアレンジしてもらったもの。予想以上に暗く供花のようwネット通販でのリクエストは難しい。

青山フラワーマーケットのブーケは花が少なくても脇役のアレンジが素晴らしくてさみしくならない。

ダリアとコデマリ。ダリアのように派手な花が好き。

WABARA。洋ものと違って野性味がある。

チューリップは花瓶に入れてからもどんどん伸びる面白い花。

スイートピー。有名な赤いスイートピーはどこにも売ってない・・・。

ラナンキュラス。この花びらがたまらなくかわいい。

青山フラワーマーケットで買ったスイートピーとグリーンはどこか違う。センスが違う。色も違う。高いだけある。

はじめての正月アレンジ。ぎりぎりに行って花材不足。アレンジはとっても難しい。

カーネーションは持ちがいいけど枯れるときは突然。茎が折れて痛々しくなる。。

やっぱりバラが一番好き。この上品さと華麗さ。困ったときのバラ。

芍薬は咲くまでが楽しい。

チューリップは春になると必ず飾りたくなる。飾らないと春が来ない。

野に咲く紫陽花。昔は戸建ての家に住んで植えるのが夢だった。